吉野のみやげ


先日、吉野に行ったとき のみやげ


(1)ひょうたろうの柿の葉すし



  平宗に比べるとサバの塩気が強いが、酢飯の塩梅、握り具合が頗るよろし。
  金峯山寺参道で売っている柿の葉すしは、ここでしか買えないところが多く、
  味も店ごとに微妙に違うようです。



(2)萬松堂のさくら羊羹



  吉野に行ったら萬松堂の草餅を買って帰ることが多いのですが、
  今回はさくら羊羹を初めて購入。
  上半分は塩漬けの桜花が入った寒天、下半分は羊羹。
  羊羹には抹茶が入っているようなことが、どこかのクチコミにありましたが、
  パッケージに書いてある原材料一覧表を見る限り、抹茶のまの字もない。
  見た目はきれいですね。
  次回は草餅に戻します。





<櫻花壇>



屋根だけ見て、造り酒屋かと勘違いしました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR