木之本を歩く






【湖北を散策(その3)】

滋賀県長浜市木之本町。

ほっこく(北国)街道の宿場町でした。
木之本地蔵院の門前町でもあります。

木之本地蔵院へはJR木ノ本駅から東へ地蔵坂を歩いて5分ほど。



眼病平癒の「木之本のお地蔵さん」は秘仏のためお目にかかれませんが、本堂地下の真っ暗闇の中で「ご戒壇めぐり」をして結縁できます。
これは朝護孫子寺本堂の戒壇めぐりと同じシステムですね。
地元の商店街で買うとポイントがたまるOZIZOカードがあったり、地蔵せんべいがあったりと、ここはお地蔵さんの町。

通り沿いには、昔ながらの商家などが残っています。

<本陣薬局>
木製の薬の看板がずらり。
奈良ゆかりの津村順天堂「中将湯」も見える。





伊吹山系からの伏流水を使って醸造業が栄えたそうです。
土産に買って帰りたいけど、ずっと持ち歩くことを思うと諦めてしまいます。

<冨田酒造>



<岩根醤油>
 「今、話題の塩こうじの素 あります」と貼り紙。



<ダイコウ醤油>



観音めぐりの途中で、こういった町並みを見ることができるのもアクセントになっていいものです。



<つるやパン>
「サラダパン」の店。
   
             




    木之本の観光案内はこちらで→




(4月15日撮影)





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ らん♪ さん、こんにちは!
サラダパン、出しました(笑)。
きのう、テレビ大阪の「おとな旅あるき旅」でたまたま木之本をやってて、サラダパンも出てました。
   http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/tabi/onair/1214733_6111.html
木之本地蔵院には、らん♪さんの天敵がたくさんいますね。
撮りましたけどUPはやめときました(笑)。
ウワサの海津大崎の桜のトンネル、実際に見てみたいです。
★かぎろひ さん、こんにちは!
「七本槍」の銘柄が、スッと出てくるあたり、さすがです。
冨田酒造さんのお店の中には入りませんでしたが、テレビ大阪の上の番組では、三田村邦彦が試飲と称して何杯もやってました。
このあたり、見どころが点在しているので、落着いて回るには泊りがけのほうが良さそうですね。
おっ、海住山寺の十一面さんお出ましですか。行かねば!!

こんばんは!
雨森集落も木之本も、情趣あふれる素敵なまちなみですね。
ことに、冨田酒造さんへ立ち寄ってみたい(笑)
「七本槍」純米、ホシイ。
杉玉、めちゃデカですね。こんなに大きいの見たことないかも。
渡岸寺へ行く楽しみが増えました。
あっ、今日は奈良博へ行ってきたのですが、海住山寺の十一面さんお出ましになっていました~

(笑)出ましたっ!!!サラダパン!(^^)!
今頃は木之本も桜が満開でしょうね。
木曜日に友人が引きこもりの私に
「海津大崎」の写メを送ってくれました。
満開でしたよ。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR