平重衡を追う(1)~南都焼き討ちの大罪(上)


奈良、京都、神戸あたりの歴史巡りをしているうちに、
奈良を焼き討ちした平重衡の関連ネタが集まってきました。
小出しにアップしていきます。
ときどき妄想を差し込みますが、悪しからず。



【シゲさん、南都焼き討ちする(上)】

  ※PC画面表示はこちら



    

東大寺大仏殿の屋根が遠くに見えます。
大仏殿の北方約1.3kmにある般若寺からです。
南側の見通しがいい場所で、絶好の監視ポイントです。





治承4年(1180)12月28日、南都焼き討ち事件。

平清盛の五男・平重衡(たいらのしげひら、以下シゲさん)は、
平家軍総大将として南都(奈良)に進攻。
般若寺に本陣を置きました。


夜になり暗いので明かりを付けよと配下に命じたところ、
たいまつの火が強風にあおられて南都一帯に燃え広がってしまった、
ということになっています。
つまり、故意に放火したのではなく、本意ではなかったと。



【ギモン】
いくら強風にあおられたとしても、大仏殿までのあの距離まで燃え広がるか?

    


般若寺から大仏殿に行く途中にある正倉院は、焼けていません。
もし強風による延焼が本当なら、正倉院も炎上するはず。
転害門も燃えずに残っているし。

平家軍は狙った建物に火を付けたのだと思います。

九条兼実の日記『玉葉』の記述から、
僧侶が居住する建物を焼き払うのは当初からの計画だったと分かる、
と高橋昌明著『平家の群像』(岩波新書)でも指摘されています。

さらに言うと、平家軍の攻撃で被害を受けたのは、
東大寺と興福寺だけではありません。

  般若寺
  元興寺
  法華寺
  不退寺
  超昇寺(廃寺)/佐紀神社
  正暦寺
  當麻寺


平家軍に攻撃された寺院(1)



平家軍に攻撃された寺院(2)
(上図の赤枠を拡大)



東大寺は大仏殿だけではなく、多くの堂宇を焼失しています。


放火などで破壊された寺院などは、
素人がネットで調べただけでもこれだけあるのですから、実際にはもっとあったでしょう。
実に広範囲の攻撃です。

なお、當麻寺は大阪側から侵入した平家軍別動隊にやられました。





<余談1>

 当時の奈良坂は、今の奈良坂ではなく、数kmほど西にある
 JR関西線近くの車谷道、あるいは歌姫道あたりだったようです。



<余談2>

    般若寺楼門
    

南都攻撃から4年余り後、シゲさんは再び般若寺を訪れることになります。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★MILK MODEさん、こんばんは!
お返事遅れてスミマセン。
自分で楽しんで好き勝手に書いてますので、
そうコメントいただいて、こちらも嬉しいですぅ~。
もう一度、平城宮跡を走る平家ラッピングの近鉄に乗りたいです。
(記事にアップした電車はワタクシが乗ったものですよ)
※「シゲさんを追う」シリーズで、第2回目以降のコメント欄をなくして
 第1回目のコメント欄で集約すれば、管理が楽そうに思っていましたが、
 けっこう面倒なので、2回目以降もコメント欄を復活させました。(承認条件は継続しますが)
★ちゃどさん、こんばんは!
はじめまして。
いつも訪問頂き、誠にありがとうございます。
お返事遅れて申し訳ありません。
奈良の歴史上、この焼き討ち事件はひとつの画期だと思います。
なので、このあたりの時期は興味津々です。
素人が独断気味に書いている部分もありますので、
さらっと流し読みしていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いします。
奈良検定、頑張ってください。

おはようございます。
はじめまして、いつもこっそり拝見しております。
埼玉県のちゃどと申します。
最近、奈良検定の勉強をはじめまして、
事あるごとに「南都焼き打ち」と記載されていて
すっごい恨んでるんだろうなーって思ってたいたら、
なむさいじょうさんのこの記事がタイムリーで!!
分かりやすいし面白いしで、楽しく読ませていただきました。
また伺います!

こんばんは!
ほんとほんと!なむさいじょうさん、分かりやすくておもしろい~!
記事の構成とか素晴らしいですね。
学生時代、こんな歴史の授業を受けてたら、もう少し歴史好きになってたかもな~
神戸に連れて行かれた人質が海や異人館を見て喜んだってのが笑えます。

★らんさん、こんばんは!
正倉院展、先週行ってきました。
夕方だったせいか、待ち時間無しでした。
いつもながら、工芸品の素晴らしさには驚かされますね。
借金の申請書も面白かったです。
シゲさんシリーズ、余談が多いと思いますけど、お楽しみに!

こんにちは~
正倉院展の終了間近の週末です(^-^)
今日はお天気もよいのでいっぱいかな?
昨日は15時でも5分待ちでしたよ~。
なむさいじょうさん~!
とっても、わかりやすくてオモロイ!!
(2)以降を楽しみに待っています(╹◡╹)
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR