修二会・12人目の練行衆


二月堂修二会。3月4日。(その3)






夜の二月堂。

内陣の法要の様子を見ながら、外陣で声明をそ~っと唱えている人がいました。

東大寺の僧侶M.Kさんでした。

今回、練行衆ではなく、留守居役をされています。

震災のあと精力的に被災地の復興支援活動されている師は、
是非とも練行衆として震災復興も祈りたかったのだと思います。

体育の授業で見学しているような気分、というようなことをつぶやいておられました。

居ても立ってもいられずに、二月堂に行かれているようです。







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ハミ さん、こんばんは!
ハミさんも無事満行おめでとうございます。(笑)
阪神淡路大震災のときの諷誦文、読みました。
目頭が熱くなりますね。
そう、今回の東日本大震災の諷誦文、ワタクシ、聞けませんでしたから
ぜひアップしていただきたいです。
Fさん、本行14日目ですから、万感の思いで読み上げられたのでしょうね。
聞いてみたかったです。

こんばんは
M.K.さんがツィッターで阪神淡路大震災のときの諷誦文を
アップしてくれましたね
じっくり読むとジンときます...
14日のFさんの諷誦文は4日になむさいじょうさんがお聴きに
なった諷誦文より、さらに感情が入っていてすごかったです
今回の東日本大震災の諷誦文もM.K.さんがアップしてくれると
うれしいですね
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR