南無観椿


東大寺二月堂の修二会が近づくと頂きたくなるのが、
奈良町にある御菓子司なかにしさんの“南無観椿”



修二会ゆかりの“糊こぼし椿”を形どった、この時期限定の上生菓子です。
花びらは紅白の練り切りで、芯は黄身あんだそうです。
日持ちせず、その日のうちに頂かなくてはなりません。


おっさん一人で店内でまったり。
作りたての“南無観椿”。
大和茶で頂くとさらに美味しくなります。


サービスで頂いたお干菓子。



手前は、“なはたちばな”(だったと思う)。“黄熟の香”に似た食感で、ゆずの香りがしてました。
奥は、黒糖のお菓子。





  

  


東京日本橋の奈良まほろば館にも、数日前から出荷しているそうです。
日持ちしないので、冷凍して運んでいるとのことですが、
なかにしさんの期間限定の上生菓子を、東京で入手できるのは貴重だと思います。





奈良町にて











小西さくら通りもお水取りモードに







  ワタクシも、ぼちぼちお水取りモードに入っております。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ハミさん、こんばんは!
お口添えいただきまして、ありがとうございます。
なるほど、牛玉杖と牛玉箱だったんですね。
う~ん、まだまだ修行が足りぬ。
★閑古亭さん、こんばんは!
はじめまして。
いや~、すばらしいの一言です。
次は何にしようかなどと考えると楽しそうですね。
次の記事で紹介させていただきました。
ナラ咲くのブロガーさんには奈良在住の方が多いので、大喜びされると思いますよ。
どうもありがとうございます。

はじめまして、ハミさんにご紹介いただき、お邪魔いたしました。
閑古亭と申します。
こちらのブログから漂う奈良の香りにウットリしています。
お水取り弁当、皆さまに笑っていただければ本望ですので、
どうぞご使用ください。
ゴボウと高野豆腐、たしかに五体板に見えますね!
では、次回(!?)は牛玉杖改め、五体板ゴボウにしてみます。

製作した方は Kankotei さんですツイッターで聞いてみてください。
牛蒡は「ゴボウとひとくち高野豆腐の牛玉杖(ごおうづえ)と牛玉箱ふう 」だそうです。

★ハミさん、こんばんは!
すごいっ、この「お水取り弁当」! 大受けです。
鳥居の前のゴボウは、五体板ですかね。
それにしても、リキサク、ケッサク。
作った方はさぞかし楽しかったでしょうね。
これ、ブログ本文で紹介してもいいですか?

こんばんは~
mixiのお水取りコミュでこのお菓子をまねして色々アイデアを出して遊んでいたのですが、ついにその中の1人が「お水取り弁当」を作ってしまいました。
写真はこちら↓で見れると思います。
http://yfrog.com/hw28wej

★らん♪ さん、こんばんは!
たぶんね、らんさんには、ぜんっぜん物足りない量だと思いますよ。
それでもお店の中では、のんびり、ほっこりできて、くつろげます。
おっさんでもこう感じますから、オバ・・きれいなおねいさんには、とっても嬉しいスペースと思います。

お水取りですね~
やっぱり寒くなりました(=o=;)
外気温が低いと、エアコンが霜取り運転になるので
深夜まで起きてると時々凍える空白の時間ができます(*_*;
あ~~寒いっ。
南無観椿みたのでお腹が空きました。
あ~~お腹空いたっ。
こんど、オバハン一人で行ってきます。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR