東大寺転害会特別公開の日


東大寺では、転害会が営まれる10月5日のみ僧形八幡神坐像が特別公開されます。

今年は昼過ぎにお参りしましたが、複数のツアー客などがどっと押しかけていて、
参拝者がとても多かったです。
(できれば午前中の早い時間に参拝するのがいいと思います)

小指がチャーミング!
  

同じ東大寺の阿弥陀堂でも、五刧思惟阿弥陀如来坐像四天王像が特別公開。
最近はどこに行くにも五劫思惟さんのクリアファイルを持参していて、
この日も頂いた栞などを挟みました。とても重宝して使ってます。
  

僧形八幡神坐像も五刧思惟阿弥陀如来坐像も、東大寺大勧進・重源上人ゆかりのお像です。



そして、公慶堂も公開されます。
  
いまある大仏さんと大仏殿は、公慶さんのお蔭で目にすることができるのですから、感謝!



そうそう、大仏前交差点の浮雲園地側の歩道に、木魅塚という石碑があります。

  

何度もこの前を通っていたのに、今日初めて気付きました。
木魅=コダマ、と読むらしいのですが、
これがどういうイワレがあるのか、全然分かりません。



それと、奈良交通バスの奈良市内循環線がこの夏から車体が黄色になってます。
シートにはかわいい絵が。(おっさんには不向き)
  

  


最近は、フリーチケットなどでバスに乗っている外国人観光客をよく見かけます。
みなさん、賢く奈良観光してます。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★みのさん、こんばんは!
転害会の特別公開、やはり、参拝されていたのですね。
再来年以降はしばらく平日に当たるので、行けるときにお参りしようと行ってまいりました!
この10月5日は、東大寺周辺にはネクタイ姿が大勢いて、いつもと違って変な雰囲気でした。
木魅塚は、そういうことなのですね。
もっと大仏殿に近づいて中門あたりから叫べばいいのに~、などと余計な突っ込み。(笑)
修二会の帰りに、どこのどなたさんが何を叫んだのでしょうか??
奈良の中心で、愛を叫ぶ!?
睡眠の邪魔をされた鹿たちが、怒って一斉に突進してきたのでは?
[妄想デス]

おはようございます。
午前中は、すいていましたよ。
古魅塚は、この位置から、大仏殿にむかい、お願いごとをして、こだまが、かえってくると、願い事が叶うらしい〜といわれています。
でも何故かの由来は、私も不思議で、昔調べたり聞き取りをしたのですが、いまだに不明のままです。
おそらく、昔、ここで必死でお願いごとをされたかたが、『よしよし、わかったぞ。大丈夫だ』と大仏様の声を聞き、、大願成就となり、めでたし、めでたし〜。
この祈願されたかたが、有名人であれば、もう少しまとまった話が伝わっていて、この交差点も観光スポットになっていたかも。
あの場所で叫ぶ〜人々の姿も、楽しいかも、ですね。
かつて、修二会の帰り深夜、叫んでみたひとが、いたとかいないとか。 誰それ! 笑
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -