美人祈願ならお初天神へ




今から300年余り前、元禄16年(1703) 4月7日の明け方、
大阪・曽根崎にある露天神社(つゆのてんじんしゃ)の森で、
一組の男女が心中した。

男の名は、徳兵衛。25歳。大阪・内本町の醤油商「平野屋」の手代。
女の名は、はつ(本名、妙)。21歳。大阪・堂島新地「天満屋」の遊女。

露天神社はこの事件のあと、お初天神とも呼ばれるようになった。




人形浄瑠璃『曽根崎心中』は、この事件をもとに近松門左衛門により作られ、
1ヵ月後には道頓堀の竹本座で初演されたという。

 (天神森の段)
   この世のなごり、夜もなごり。
   死に行く身をたとふれば、あだしが原の道の霜。
   一足づゝに消えて行く、夢の夢こそ哀れなれ。
   あれ数ふれば、暁の七つの時が六つ鳴りて
   残る一つが今生の、鐘の響きの聞き納め。
   寂滅為楽(じゃくめついらく)と響くなり。
   ・・・・

名文だなぁ。





文楽『曽根崎心中』天神森の段(約26分)


   お初を遣う吉田蓑助さんの目から涙が。。。



劇では、お初の年齢が厄年の19歳に設定されています。





露天神社

お初徳兵衛にちなんで縁結びにご利益がある神社のようですが、
最近は、美人祈願の絵馬を奉納する人が多いのだとか。
顔のないお初のイラストが描かれた絵馬に、こうあって欲しいと自由に顔を描いて祈願。


絵馬掛けにいっぱい。



























男女問わず、せめて心だけでも美しい人になりたいものです。











お初っちゃんの墓所
<大阪・中央区の久成寺(くじょうじ)>





墓石は300回忌となる2002年に再建されたもの。
墓石正面には戒名「妙力信女」、
側面には「元禄十六年四月七日寂 曽根崎心中 お初之墓」
と刻まれている。




曽根崎のお初天神通りで




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ひーさん、こんにちは!
多くの参拝者に来てもらおうといいアイデアですね。
けっこう話題になっているようです。
プレ公演、本公演とも都合が悪くなって行けなくなりましたぁ。(泣)
★MILK MODEさん、こんにちは!
はい、絵馬の順番、考えました。(笑)
本筋ではなく余談に注力する、いつものクセが出てしまいましたが、
喜んでいただきまして、恐悦至極に存じますぅ。

こんばんは!
お初さんと徳兵衛さんの銅像が良いですね。良く出来てます。
美男美女でしばし見とれてしまいました。
絵馬の順番、考えはったでしょう?(^v^)
この順番で正解ですね。今度はこっちが大爆笑です。
ぁ、また着目点がずれててスミマセン。。。

何度も通ったことがあったのに、こんな絵馬になってるなんて知りませんでした!
私も笑っちゃった~
「田楽と猿楽」のプレ公演、落選しちゃいました!
残念ですぅ。

★白雪さん、こんばんは!
過分なお言葉、恐縮です~。
かぎろひさんのコメントにもありますが、
奈良の人は、徳ちゃんではなく忠さんだと思います。
★emirinさん、こんばんは!
いやいや~、絵馬の奉納は必要ないでしょう。
これ以上、美人になってどうするんですか。。。。。。。てかっ。
おお~、懐かしいんですかぁ。
うふふなお話ですナ。
★かぎろひさん、こんばんは!
奈良との行き帰りの途中に、興味深いネタを見つけては「取材」してます。(笑)
梅田や難波あたりはビルの谷間に、意外な発見があったりするので、面白いです。
梅川忠兵衛ネタも少しずつ集めているので、いずれアップしたいと思っています。

こんにちは!
文楽の舞台シリーズ、東大寺と並んで、いよいよ本格化してきましたね。
都会の真ん中の史跡も、とても興味深いです。
梅田の中心地はだいたい地下ばかり歩いていますので、たまには地上へ出てみるのもいいかもしれませんね。と気づかされました。
白雪さーん
>徳兵衛さんは奈良のお人だったとかぎろひさんが
言ってない、言ってない(笑)
『冥土の飛脚』の忠兵衛さんのまちがいでは?

こんにちは!
お初ちゃん・・下に行くほどに・・
思わず大笑いしちゃいました(笑”)
私も、絵を描くのは、人の事言われへんけど・・・
ニューハーフも有りかしら?
美人祈願・・・
もう・・・無理かもね・・ワ・タ・シ(笑)
あっ・・しらけそうですね!
あぁ~懐かしい・・・
昔に、だれかさんとチラっと行ったきり!

今晩は。
幅の広い隊長の見識、恐れいりました。
まさかおはっちゃんが出てこようとはゆめゆめ思いもしませんでした。
男の方の徳兵衛さんは奈良のお人だったとかぎろひさんが言って居られた気がします。
次回はこの徳ちゃんのことも書いてあげて下さい。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR