道真と時平と二月堂修二会



20140329-8343-111.jpg



大阪・日本橋の国立文楽劇場で公演中の菅原伝授手習鑑。

登場人物の菅丞相[かんしょうじょう]は、菅原道真がモデル。
「丞相」は本来[じょうしょう]と読みますが、
お芝居では[しょうじょう]と読むのがお約束。

そして、菅丞相の政敵の藤原時平[ふじわらのしへい]は、
藤原時平[ふじわらのときひら]がモデル。
お芝居では[しへい]と読むのがお約束。
歌舞伎では、高い身分の悪人を表す隈取りで登場します。(ジーン・シモンズだな)


歴史的には、
  右大臣の菅原道真は左大臣の藤原時平の讒言[ざんげん]によって大宰府へ左遷させられ、
  失意のうちに現地で亡くなった。
  道真の死後、天変地異が多発し、藤原時平も39歳の若さで亡くなったため、
  道真の怨霊のせいと恐れられた。
  怨霊を鎮めるため、名誉は回復され、道真を天満天神として祀ることになった。
ということになっています。

  ぶち切れ寸前
  20110724-1-03.jpg





悪人とされる藤原時平。
意外なところでお目にかかりました。

あべのハルカス美術館で開催中の「東大寺」展。

  20140329-8393-11.jpg


二月堂修二会(お水取り)で読み上げられる過去帳が展示されています。

過去帳に載っている人々を聖武天皇から順にざっと見て、
ふと目に飛び込んできたのが、

   長官時平大臣


これって、藤原時平。。。ですよね?

本当ですか? えー、どうしてだ?



調べてみました。

時平は、なんと東大寺の俗別当になっておった。
俗別当とは、俗人身分のままで寺院の最高責任者、という地位のようです。
初めて知りました。

そういう地位の人なら、過去帳に載せざるを得ない。



 (ここからワタクシの妄想)

しかし、世間では評判が悪い人だし、このままでは道真にタタラレる。
さてどうしたものか、と当時の東大寺関係者は頭を抱えた。

  - そうだ、道真さんも読み上げてお祀り申し上げよう。
  - 同じ過去帳だと居心地が悪かろう。
  - 神名帳に加えてはどうか。
  - それは名案じゃ。

 (妄想オワリ)


二月堂修二会で毎晩読み上げられる神名帳の最後のほうに、御霊[ごりょう]の段があります。
無実の罪などで非業の死を遂げた人の霊(御霊)を慰めるために、読み上げられるのです。
11人の御霊には、道真が入っています。
「天満天神[てんまんてんじん]」と読まれるので道真のことだと分かりますが、
ほかの10人は声に出すのが憚れるのでしょうか、
「○○の御霊」と読んで、直接誰のことか分からないようにしていますね。
(たとえば、大道御霊[おおみちのごりょう]は長屋王のことのようです)
道真ひとりだけ別扱いになっているのも、気になります。


小学館『東大寺お水取り 二月堂修二会の記録と研究』に載っている過去帳を見ると、

   長官時平大臣

の読みは、

   ちょーがん しへい の おとど

になっています。
過去帳も「しへい」と読むのだけれど、
もしかしたら、過去帳での読みがお芝居へ展開した?



20140329-8345-111.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

鎌倉の星さん、こんばんは!

鎌倉の御霊神社近くの力餅家で権五郎力餅をよく買いましたよ~。


さて、御霊の段の11人は、順に以下のとおりです。

  八島御霊(やしまのごりょう)
  霊安寺御霊(りょーあんじのごりょう)
  西寺御霊(さいじのごりょう)
  普光寺御霊(ふこーじのごりょう)
  天満天神(てんまんてんじん)
  先生御霊(せんじょうごりょう)
  氷室御霊(ひむろのごりょう)
  木辻御霊(きつじのごりょう)
  大道御霊(おおみちのごりょう)
  塚上御霊(つかのうえのごりょう)
  葛下郡御霊(かつげくんのごりょう)


『東大寺 お水取り』(朝日選書)の著者である佐藤道子先生はその本の中で、
御霊は、
  県犬飼広刀自(あがたいぬかいのひろとじ)
  井上内親王
  淳仁天皇
  藤原仲麻呂
  長屋王
  早良親王(さわらしんのう)
  菅原道真

といった人たちが浮上してくる、と記されています。

メグさん、こんばんは!

ぐっじょぶ!!

文楽劇場のチケット 手に入りました♪

No title

こんにちは。
神名帳にある御霊は菅原道真や長屋王の他にどういう人がいるのでしょうか。
鎌倉に御霊神社がありますよ。

両方問い合わせましたが…第二部のほうがないのです。幕間席は朝から並ばないとダメだし…

メグさん、こんばんは!

あ、ワタクシは観てませんよ。

チケットが手に入らないのですか?
たしか、インターネットで購入できる枠と、国立文楽劇場のチケット販売窓口での販売枠があったはずです。
直接チケット販売窓口に電話して空席状況を確認してみてください。
それがだめだった場合、それでも是が非でも見たいのなら幕見席にかけるしかないと思いますよ。
 幕見席について→ http://www.ntj.jac.go.jp/topics/bunraku/26/3426.html

かぎろひさん、こんばんは!

いやいや、ワタクシは何もしておりませんよ~。(笑)
久しぶりの劇場での観劇だと、それなりに感動できたのではないでしょうか。
できたら、かぎろひさんなりに感じられたことをアップいただければと思います。

ワタクシも先日、PCを買い替えて、XPから8.1へ変わりました。
慣れないUIに戸惑っています。(笑)
でも以前のPCに比べて処理が早くなって気持ちがいいこと、いいこと!

私も行きたい…

観てこられたんですね!! いいな~ 私 チケットが手に入らなくて…行けません。

行ってきました

こんばんは!

XPサービス終了間際にパソコン替えたら、いろいろ変わっていてびっくり。
まだ対応できていないことばかりで、あたふたしています。

そんななか、昨日、国立文楽劇場へ。
ほんとうに久しぶりだったのですが、見どころ、聞きどころが多くて感動モノでした。

こんな幸運を引き寄せられたのも、なむさんのおかげかも。
そのうちアップ・・できたらいいのですが。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR