新しく出た「東大寺お水取り」CD


2014年3月19日リリースされたCD「東大寺お水取り」。

  20140414-01.jpg
 詳しくはこちらで→

昭和46年、二月堂で現地収録されたもの。
聴いてみました。


   【つ】=つっこみどころ



いや、聴く前に。。。

【つ】
  シリーズ名が「古典芸能ベストセレクション 名手・名曲・名演集」と銘打たれています。
  ま、広く解釈すれば、寺院の声明[しょうみょう]も古典芸能のカテゴリーでしょう。
  ただ、歌舞伎などで見かける定式幕のような模様がCDケースに上下にあるのが、
  少々場違いのような。。。。


【つ】
  ディスクがケースからなかなか取り外せない。。。


【つ】
  詞章[ししょう]のリーフレット付きはありがたいが、
  字が小さくて読めましぇん。


【つ】
  ケース裏面。
  練行衆一覧に「南座衆之」と、見慣れない配役が。。。




で、聴いてみた。
ディスク1、ディスク2ともに40分余りの収録。


実はこのCD、
以前出ていたCD
  20090716-6.jpg

と音源が同じです。
以前のCDは、主にオーディオマニア向けに高音質を売り文句にしており、ディスク数は1枚。
今回の2枚組は、以前のCDで収録できなかった部分を加えて収録した感じですね。

ナレーションは現代作曲家の故・黛敏郎氏。
「題名のない音楽会」で、司会をしていた氏の姿を思い出します。
各行法の要所要所でナレーションがかぶりますが、
思っていたほど耳障りでなかったので一安心。





ディスク1 「1. 初夜上堂」
 この導入部分はいいですねぇ。
 初夜の勤行が間もなく始まる期待感がいやがうえにも高まります。


ディスク1 「7. 称名悔過」
 以前のCDでは、省略されていた部分が復活しています。
 “白蓮華眼無障礙頂熾盛功徳”は、どうしても付いていくのが難しいんだよな。。。


ディスク2 「4. 神名帳」
 ツインターボ読み上げの超人的な速さの部分や、御霊の段も聴くことができます。


ディスク2 「6. 過去帳」

    とーじ ぞーえーの だーいせしゅー
    しょーぐーん よーりとーもーのー ううーーーだーーいしょうーー
    (当寺造営大施主将軍頼朝右大将)
    ・・・・・・・・
    しょーーえのーーーにょーーーにーーんーー
    (青衣女人)

が聴けます。
過去帳は3月5日と12日のみと、現地でも聞ける機会が少ないので、これは貴重。


【つ】
  青衣女人のひとり後まででカットするなーー。
  その次は、
        造東大寺勧進大和尚位南無阿弥陀仏
  なのにぃ。
  残念です!
  あ、この人、俊乗房重源さんです。

【つ】
  「過去帳」の読み上げ中、背後で車のクラクションが。。。

【つ】
  「過去帳」の読み上げ中、背後で鳥の鳴き声が。。。

【つ】
  「走り」の最後は、
           しーちへん
           ちょーおろせ!
           ガチャン!(カワラケが床に投げつけられた音)
  までやって欲しかった。



その他の【つ】
 ・以前のCDに収録されていた「授戒」が収録されていない。
 ・録音の部分部分を抜粋してつぎはぎは止む無しですが、
  クロスフェードのやり方がちょっと気持ち悪い。
 ・CD収録時間にまだ余裕があるのだから、
  法華懺法、数取懺悔、半夜の勤行、下堂の「手水」などを収録して欲しかった。

   ※半夜の称名悔過はメロディが美しくて大好きです。



たくさん【つ】がありますが、詞章のリーフレット(ほとんど見えないけど)も付いて、
収録内容も考えると、このお値段はリーズナブルかな。







  ※このCDの視聴はこちら→


≪追伸≫
 東大寺長老の橋本聖圓師と、二月堂修二会研究の第一人者・佐藤道子先生の対談(2011年10月)が、
 「東大寺二月堂修二会(お水取り)をふり返る」と題する文書にまとめられています。
 こちらのサイトからダウンロードできます→
 ご参考まで。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

ご丁寧に回答下さいましてありがとうございます!

そうですか、音質がいまひとつなのですね。
ですがハンドブックも捨てがたいし・・・^^;
韃靼も入ってるんですよねぇ

試聴してみてどちらにするか考えてみますね。

ありがとうございました。

ひこたさん、はじめまして!

ご訪問ありがとうございます。

二月堂で実際に声明を聴くと、感動的ですね。

はい、小沢昭一の語りによるお水取りCD、聴いております。

このCDは、オリジナル・マスターテープが無くなっているため、市販されたLPレコードを音源にしています。
レコード針によるノイズの除去処理も一因でしょうが、全体的にこもった音質で、滑らかさが足りず、音割れもあって少々聞き取りにくいです。

このCDでは、「走り」の最後で「しーちへん」「ちょー(帳)おろせ!」が聴けます。

味わい深い小沢昭一の語りはCDの前半にあって、後半の「後夜の悔過作法」では声明だけとなります。

後夜の悔過作法の声明は、パワフルでアンサンブルががたがたです。(笑)
きれいに整った最近の唱えとの違いに驚かされます。

このCDには、小冊子「お水取りハンドブック」が付いています。
これがなかなか良い内容と思います。

音質はいまひとつのCDですが、貴重な「記録」と捉えればよろしいかと思います。


・CD販売元の記事
  http://search.japo-net.or.jp/item.php?id=VZCG-731

・CD視聴はこちら
  http://books.rakuten.co.jp/rb/6231846/


以上、ご参考までに。

修二会のCD

初めまして。
今年初めて修二会を聴聞、その音の豊かさに圧倒されました。

先日ホール録音のCDを求めたのですが、現地収録のものはこちらと、小沢昭一さん語りのものとの2種の模様。

小沢さん語りのCDはお聴きになられましたでしょうか?
もしお聴きになられていらっしゃるのでしたら、ご感想などお聞かせいただけましたら幸甚です。

ハミさん、こんばんは!

そうですよね、カット編集にやや難ありですね。
それと、CDを聴く都度、黛敏郎の同じ解説を聞かされるのもちょっとウザイです。(笑)

東大寺の月例法要は未経験です。
朝8時からでしたっけ。
気合を入れて早起きしないと。

あ、そうそう、地蔵会で参拝した知足院さんで思い出しました。
ご本尊の文使い地蔵さん、あべのハルカス美術館にお出まし中です。
貴重な機会ですので、ぜひ!

月例法要

東大寺の月例法要に行かれたことはありますか?

昨年7月に祇園祭をパスして17,18日の月例法要に行ったのですが、
此れを毎月やっているは驚きです、時々お水取りで聞いたようなフシも出てきてもう目が点でした。

18日の二月堂は四箇法要付きですのでお勧めです、ちなみに散華は葉っぱです(笑)

No title

解説は落ち着いた感じでそれほど邪魔な感じはしませんが
カットして編集してあるところはムズムズしてしまいます、
どちらかといえば初心者向きですよね。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR