行基菩薩に縁ある大山崎



東海道本線(JR京都線)の山崎駅から線路沿いに東へ進んで踏切を渡り、
さらに線路沿いに行くと、山崎院跡の石碑が道路脇にあります。


201407068349-11.jpg



201407068351-11.jpg



奈良時代に東大寺の建立に尽力した行基さんは、畿内に49の寺院を建立しました。
そのひとつがこの山崎院。
行基さんは大山崎近くの淀川に山崎橋を架けた後、
天平3年(731)に山崎院を建てて仏教の教えを広めたといいます。



1989年、この山崎院跡から円盤形の銅のインゴットが出土しました。
奈良文化財研究所がその銅の成分を分析したところ、
なんと奈良の大仏さんに使われた銅のものとほぼ同じと判明。
つまり、長登[ながのぼり]銅山で採れた銅らしいのです。
(関連記事PDFダウンロード→

今の山口県美祢市にある長登銅山から、奈良時代に
瀬戸内海、淀川、大山崎を経由して木津川というルートで
奈良へ銅のインゴットが運ばれたということなのでしょう。

長登銅山へ行ったことがあるので、
あの地で採れた銅がここに埋まっていたと知って
とても感動的でした。






天王山の中腹から南側を望む。

    201407068422-11.jpg


川の手前側は、桂川、宇治川、木津川が合流して淀川になったあたり。
行基さんはこのあたりに橋を架けたものと思います。
左奥に見えるのは、生駒山。








山崎院跡近くの宝積寺[ほうしゃくじ]。

    201407068430-11.jpg


天王山の中腹にあります。
本尊は十一面観音さん。
聖武天皇の勅命で、行基さんが開基と伝わる寺院はたくさんあります。
この宝積寺もそのひとつ。
でも、行基さんゆかりの山崎院や山崎橋が近くにあったことから、
その伝説の史実性はけっこう高いかも知れません。
宝積寺は山崎院の後身である可能性もあるそうです。


    201407068426-11.jpg


山崎の合戦では、羽柴秀吉が一時この寺を本陣にしました。



三重塔(桃山時代、国重要文化財)
201407068433-11.jpg



おっとっとっと、のけぞってます。
九重石塔。
201407068424-11.jpg



仁王門
201407068441-11.jpg

201407068439-11.jpg          201407068439-11.jpg




大山崎あたりがこれほど行基さんに縁ある場所とは思っていませんでしたので、少々驚きでした。




山崎院跡









<余談1>

JR京都線山崎駅から線路沿いに東へ進んで踏切を渡ったところに、
霊泉連歌講跡の石碑があります。

201407068447-11.jpg



山崎宗鑑の住居跡です。
山崎宗鑑は室町時代の連歌師で『犬筑波集』を編さんし、俳諧の祖と言われる人。







<余談2>

山崎院跡の近くにある大山崎瓦窯跡(国史跡)。

201407068355-11.jpg



2004年に発見。
平安京で使われる瓦を製造していた窯のひとつだそうです。






<余談3>

大山崎瓦窯跡の近くにある「蛇姫池」の碑。

201407068352-11.jpg



通りすがりに見つけました。
近くに説明板らしきものが見つからず、よく分からないまま。
ネット検索すれば分かるのでしょうが、とても気になります。






<余談4>

長登銅山の長登[ながのぼり]は、奈良登[ならのぼり]から来ていると言われています。
その昔、奈良の大仏さんを鋳造するための銅を奈良に送ったことから、
「奈良登」という地名がついたという伝説です。


長登銅山跡(山口県美祢市)
DSC00067-11.jpg



隣接する長登銅山文化交流館の説明パネル
DSC00059-11.jpg






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かぎろひさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。

機会あれば、大山崎あたりへもぜひ。

奈良からだと、意外に行きにくい場所かもしれませんが。

あの「山崎」は、大規模な反省会は無理っぽいです。(笑)

みのさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。

行基さんゆかりの場所はたくさんありますね。
いったい行基さん、何人いたのでしょうか。
きりがないので、ほどほどにしておこうかと思っています。(笑)

九重石塔。
ちょっと心配ですね。
周囲には、立ち入り禁止のロープがしてありました。

行ってみたい~

こんばんは!

興味津々に拝見しております。

あの「山崎」も行ったことがないんですよ。もうこれは、併せて行くしかないかぁ・・・(笑)

みのさんの、行基様巡礼もすごい。どこかでご紹介ください、ませませ^^
あっ、奈良に関わる全国企画に応援くださりありがとうございます。実現できるようがんばりたいと思います。

石塔、大丈夫なのかしら。。。。。

おはようございます。
失礼とは、思いながら、師匠と呼ばせていただきたく、、思わずブログ画面に、、
行基さまについての、興味のスタートは、何故、近鉄奈良駅の噴水の上に、、、?
、、、と、なり。いつか史跡、寺院、池、橋、を少しづつ巡り歩いています。まだ、わずかです。
大山崎周辺の、宝積寺、山崎院跡は、まだでした。なむさいじょうさんのおかげで、詳しい予習が、できました。これからも、ご教示ください、ませませ。
それにしても、九重石塔、『どげんかせんとっ』ですね。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR