待宵の小侍従



※水無瀬/大山崎散策シリーズ

待宵の小侍従さんの墓所にも立ち寄りました。


待宵小侍従墓所
2014070648566-111.jpg

花が供えられていました。



小侍従さんは、平安時代末期から鎌倉時代初めにかけて活躍した歌人です。
歌は新古今和歌集などに多数選ばれていますし、平家物語にも登場しています。



説明板から抜粋。


 待宵小侍従の墓・顕彰碑

    もとは東西約4.5m、南北3.6mの墓地を持ち、
    大正のころまでは、高さ約0.9mの五輪の石塔が建っていました。
    現在は、水輪1個だけが残っています。
    この地は苔山と呼ばれており、
    地元では「こけじんさん」と親しまれています。
    名神高速道路の拡幅工事に伴い、
    平成7年に現在の位置に移築されました。

      2014070648556-111.jpg


  待宵の小侍従[まつよいのこじじゅう]

    平安末期~鎌倉初期の女流歌人(1120~1201)。
    39歳のころ夫の藤原伊実(太政大臣・藤原伊通の子)と死別し、
    のちに二条天皇に仕えました。
    天皇の崩御後、同皇后藤原多子に仕え、
    太皇太后小侍従として、しばしば歌合せに出席するなど、
    一流の女流歌人として歌壇に確かな地位を占めるようになりました。

      待つ宵の ふけゆく鐘の こゑきけば
                あかぬ別れの 鳥はものかは


    これは彼女の呼び名のもととなった「待宵の歌」で、
    訪い来ぬ人を待ち明かす苦しみを詠んだもので、
    「新古今和歌集」にも収められています。
    「平家物語」巻五の月見の段によると、大宮(多子)から、
     「待宵、帰る朝、何れかは哀れはまさる
      (待つ宵・恋人の来るのを待っている夕べと、
       帰る明日・恋人の帰ってゆく朝とでは、
       どちらが情趣深いだろうか)」
    との問いに答えて詠み、
    このことより彼女を「待宵」と呼ぶようになったと言われています。
    晩年は出家して桜井に真如院(応仁の乱の兵火により廃絶)を開基、
    隠棲したと伝えられます。


  待宵小侍従の顕彰碑

      2014070648553-111.jpg


    高槻城主・永井日向守直清が慶安3年(1650)に建立したもの。
    碑文は林羅山の撰。


                  ~島本町教育委員会作成の説明板(平成20年3月)から






待宵小侍従の墓は、大正時代には五輪塔だったとか。
残りはいずこへ。

待宵小侍従の墓の隣にある顕彰碑。
下のほうは傷んでいて、文字が読めません。
ここに限らず、江戸時代の墓石や石碑は、なぜかもろい石が多い気がする。
顕彰碑の碑銘も説明板から。

    2014070648555-111.jpg



道路から階段を上がったところに顕彰碑と墓があります。
2014070648570-111.jpg





池越しに顕彰碑が望めます。

    2014070648571-111.jpg

そのすぐ後ろは、名神高速道路。

顕彰碑の右側に墓石があるのですが、植物にさえぎられて見えません。
墓所はもともとは、今の名神高速道路の真下にありました。

    2014070648573-111.jpg


墓所の東側にある池は、摂津名所図会の小侍従塚の絵にも見えますね。





待宵小侍従の墓・顕彰碑






<余談>

天王山の中腹にある宝積寺[ほうしゃくじ](宝寺)に、鐘楼があります。

    201407068436-11.jpg

室町時代に製作された鐘です。
名づけて、「良縁成就 待宵の鐘」。
待宵の小侍従さん縁の地が近くにあることにちなんで、命名されたのでしょうか。

    201407068435-111.jpg






※水無瀬/大山崎散策シリーズ、しつこくまだ続く。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

みのさん、こんにちは!

コメントありがとうございます。
お返事遅くなりまして、申し訳ありません。

実は、待宵の小侍従のことはよく知りませんでした。
今回の歴史散策で知るきっかけとなり、大収穫でした。
昔の人の墓所または供養塔が、現在まで大切に守られてきたのはとても素晴らしいですね。
特に女性の場合、墓所や供養塔があるのは珍しいと思います。

はい、今回のシリーズで紹介した場所は、美術館、待庵、蒸留所を除いて、1日で回りました。

行った気に〜

おはようございます。
待宵の小侍従の墓所が、島本にあるのですね。知りませんでした。
歌から熱き思いと気性の激しさを、感じとれます、
と、高校時代の古文の先生から教わりました。
このシリーズで、訪ね歩きたいところが、いっぱいになり楽しみです。でも、なむさいじょうさまの詳しくて、わかりやすいレポートで、すでに行った気分に浸っております。
次は、どこへ行かれたのでしょうか、、、楽しみです。
ところで、一日で全部、まわられたのでしょうか?
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR