貴志康一と東大寺


貴志康一(きし こういち) →

 1909年3月31日生まれ。
 大阪府吹田市出身の作曲家、指揮者、ヴァイオリニスト。
 ベルリン滞在中に、ベルリン・フィルを指揮して自作作品も録音している。
 1937年11月17日没(28歳)



ドイツの指揮者フルトヴェングラーとも知り合いで、一緒に写っている写真が残されています。

日本を紹介する映画も制作して、自分で曲を付けたようです。
今はドイツにあるらしいその映画フィルムには、
京都の渡月橋や舞子さん、奈良の東大寺が映っているとのことですが、
ワタクシはまだ見たことがありません。

もう少し長生きしていたら、日本の、いや世界の音楽シーンが変わっていたかも知れません。。。

2005年、東大寺大仏殿の中で、貴志康一作曲の「仏陀の生涯」や「竹取物語」が演奏されました。
指揮は守山俊吾氏、演奏は関西フィルでした。

康一が幼い頃過ごした貴志邸は、大阪の都島区網島町(心中天網島の現場)にありました。
藤田美術館の、道を挟んで向かいにある太閤園の隣です。
現在は貴志邸の遺構である茶室・松花堂が残っているようですが、ちょうど工事中で残念ながら見ることができませんでした。

この茶室、石清水八幡宮の茶室・松花堂をモデルとして、
康一の祖父によって建てられたそうです。
この茶室「松花堂」で茶事があるときに、この祖父が
日本料理店「吉兆」の創業者に命じて作らせた弁当が「松花堂弁当」なのです。
これが松花堂弁当の由来。

話のネタがひとつ増えました?
あ、ご存知でしたか?




とても格式のある太閤園の庭園を、リュックとスニーカーという思い切り場違いな装い(ほぼハイキングのスタイル)で散策。




風神雷神像(室町時代)などの石仏も多い。




太閤園から出るときに係りの方から有難うございましたと深々とお辞儀されて、顔から火が出る。





さてさて、「心中天網島」の舞台となった大阪・網島にある藤田美術館
">藤田美術館
ここには、世界に3つしかない曜変天目茶碗のひとつがあるし、元は奈良の内山永久寺(廃寺)にあった両部大経感得図、紫式部日記絵詞、彩色が鮮やかに残っている快慶作の地蔵菩薩立像など、多くのお宝が所蔵されています。

2011年、奈良国立博物館で行なわれた「天竺へ~三蔵法師3万キロの旅」展
展示品のうち、目玉だった「玄奘三蔵絵」や、元は奈良の薬師寺にあった大般若経(魚養経)も藤田美術館の所蔵です。
ここは常設展示ではなく、春と秋の2回、期間限定の展覧会をやっています。


藤田美術館(ただいま休館中)












桜宮橋(銀橋)


国道1号線なんですね。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

★ ジュゴン さん、こんばんは!
回りが囲ってあったので、旧桜宮会館の建物が取り壊されていたかは、実は確認できていないのです。
でも、この9月に新規オープンするようなので、なつかしの場所を再訪してみてはどうですか?
   詳しくは→ http://digitalpr.jp/r/2541
八幡市情報、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
機会を作って行ってみたいと思います!

なむさま。
そうなんですか、やっぱり取り壊されたあと、だったんですね。
仕方ないですねえ..
石清水八幡宮。ぜひ!ぜひ!
行ってみて下さいね。今度は、ハイキングスタイルで、大丈夫ですからね。(笑)
エジソンさんが、あそこの竹でフィラメントを作ったそうですよ。
ふもとの走井餅もおいしいので、ぜひお土産に♪

★ ジュゴン さん、こんばんは!
へぇ~、そうだったんですか。
思い出のたくさん詰まった場所なんでしょうね。
桜宮職員会館は売却後、取り壊されて、今工事中なのは、結婚式場?が建てられているようです。
太閤園の別館みたいなのかも知れませんね。
茶室・松花堂は残るみたいですよ。
石清水八幡宮。
実はまだ行ったことがないので、行ってみたいところなんです。
行く機会があったら、人参やってるかチェックしたいです。(笑)

こんばんは!
太閤園の隣..?のお言葉でふと、思い出しました!
私達夫婦が結婚式をあげたのは、その松花堂の遺構が残る敷地内に建っていた「桜宮職員会館」なんです!
なんて懐かしい..今はどうなっているんでしょう。
工事中と言うことは、もう、取り壊されてしまうのかなあ..ちょっと寂しい..
そんな音楽家の方のゆかりの地で結婚式をあげたなんて、たった今まで知りませんでした。
石清水八幡宮の松花堂も懐かしいなあ!小学校高学年から中学まで、その門前町である八幡市に住んでいたんですよ〜
八幡さんのある男山によく、登りに行ったもんです。神社の神馬が途中でつながれていて、100円払うと、人参を食べさせてやれるんです..今はどうなっているのやら...?
ああ、しばらく過去の思い出にふけってしまいました..
涙が出そうになっちゃいました。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR