「文楽の舞台」展



今日2014年9月13日、「総本山智積院の声明」公演のため国立文楽劇場に行ったら、
展示室が模様替えされていました。

『文楽の舞台』という企画展示が始まったようです。
(11月24日まで)


  201409139621-11.jpg


文楽の舞台裏を垣間見ることができます。
(撮影許可いただきました)




展示室に入ると、「本朝廿四孝 奥庭狐火の段」で使われる門と網代塀がお出迎え。

  201409139660-11.jpg




舞台のセット。
障子の下には支えがありません。

  201409139645-11.jpg


行燈の後ろの板塀は、布に描かれた絵でした!

  201409139649-11.jpg


行燈の中には、9Vの乾電池、トグルスイッチ、オレンジ色のセロハン(?)をかぶせたランプが!

  201409139685-11.jpg


スライドトランスを操作して、舞台照明の明るさを調節する体験ができます。

  201409139647-11.jpg


     201409139654-11.jpg





「妹背山婦女庭訓」の舞台の中央を流れる川の流れを表現する模型。

  201409139644-11.jpg

実際の舞台では、水の流れを表現するために、手前側を手動で回転させるのだそうです。
(バウムクーヘンを焼くときのような、円筒形の部分)




「義経千本桜」の舞台模型。

  201409139664-11.jpg

中央の切り株に何かが。。。

    201409139659-11.jpg






ほかにもたくさんあって、とても楽しい展示でしたよ。




<余談>

源九郎狐といえば。。。
奈良・大和郡山市にある源九郎神社の「初音の鼓」のお守り。ポン、ポン!

  7577-111.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR