伊丹でも正暦寺を応援中



伊丹にある小西酒造のブルワリーショップに立ち寄ってみたら、レジの脇に募金箱がありました。


    201409149822-11.jpg



募金箱には紙が貼ってあり、以下のように書かれています。


  清酒発祥のお寺を応援!

   奈良県の正暦寺さんは、今年二月の大雪で本堂の屋根が半壊し、
  その補修・補強工事に3千万円が必要とされているそうです。
   ここは、同じ「清酒発祥の地」を掲げる者同士、
  その論戦を一旦休戦し、何かお手伝い出来ないかと考えました。
   縁あって関わる二つの場と場が、助け合う良い機会とも思います。
   この想いにご賛同頂ける方のご協力をお願い申し上げます。

                    伊丹酒蔵通り協議会会員一同




伊丹も奈良も、ともに清酒発祥の地として名乗りを上げて論争していますが、
伊丹側では奈良での清酒発祥の地・正暦寺[しょうりゃくじ]の一大事を知って「一時休戦」し、
伊丹酒蔵通りの店舗を中心に募金活動が行われています。


伊丹市と奈良市は、今年2014年10月12日、共同で日本酒フォーラムを開催予定で、
伊丹酒蔵通り協議会で集めた募金はフォーラムの時に渡されるそうです。
  神戸新聞記事→






清酒「白雪」で知られる小西酒造の酒蔵を改装した
地ビールレストラン・白雪ブルワリービレッジ長寿蔵
下の写真の左奥で、右側にはブルワリーショップ。

    201409149820-11.jpg

ショップでは日本酒のほか、お酒をアレンジしたスイーツ、地ビールやベルギービールなどが売られています。
奈良漬けもあります。

    201409149824-11.jpg


レストランの外観は酒蔵。

    201409149827-11.jpg




    伊丹酒蔵通りあたりのお店で募金箱を見かけたら、よろしくお願いします。






いたみ官兵衛プロジェクト
201409149812-11.jpg









以前、『TV見仏記』のロケでMJ氏とIS氏は正暦寺を訪問し、見仏していましたね。
そのとき、ふたりは参道沿いにある「日本清酒発祥之地」の石碑を見つけて、
山廃仕込みとは何かについて議論していました。

    201311161175-111.jpg



正暦寺は1180年、平重衡による南都焼き討ちによって焼かれてしまいましたが、
その後復興し、盛衰を繰り返しながら現状に至ったそうです。
紅葉の美しいところです。
(2013.11.16撮影)


    201311161192-11.jpg


    201311161195-11.jpg





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かぎろひさん、こんばんは!

ワタクシがお酒の話題を取り上げるのは珍事です。(笑)

かぎろひさんの場合は、当然、奈良に一票ですね。

下戸のワタクシは、奈良にも伊丹にも一票!(ちょっと反則?)
ともに大いに栄えてもらえればと願います。

伊丹では行基さんにゆかりのところを訪ねました。
ちょっと驚いた話もあり、そのうちアップするつもりです。

ちなみに、10月4日、5日は、西宮で「酒ぐらルネサンスと食フェア」がありますよ。
今年も奈良の黒滝村のこんにゃくが頂けそうです。
もちろん日本酒の試飲ありデス!

   http://nishinomiya-style.jp/blog/2014/09/05/10206


いいお話ですよね

こんにちは!

日本酒の話をとりあげていただきありがとうございます。

そもそもの発祥はやはり奈良だと思いますが(笑)、ま、それはさておき、ありがたいお話ですね。

ぜひとも御礼詣でに伊丹へ出かけたくなりました。
白雪さんの地ビールレストラン、行ってみたい~

10月12日の日本酒フォーラムに合わせて行けたらサイコーですが、この日はお祭りの取材で・・残念。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR