天野の里



     周囲をあまり高くない、美しい姿の山でかこまれ、
     その懐ろに抱かれて天野の村は眠っていた。
     ずい分方々に旅をしたが、こんなに閑[のど]かで、
     うっとりするような山村を私は知らない。

                                (白洲正子『かくれ里』)




白洲正子が訪れた当時に比べると、ずいぶん変わったと思いますが、
それでもやはり天野の里は、の・ど・か、でした。
にほんの里100選 にも入っています。

コンビニどころか、これといった商店もなく、
あるのは神社、寺、民家、田畑、古跡。。。





伝説的な人々のお墓が点在しています。

  西行の妻と娘。
  貧女の一灯で知られるお照。
  滝口入道(斎藤時頼)を慕った横笛。
  鬼界ヶ島から俊寛の遺骨を持ち帰った有王丸。(俊寛の娘も天野で尼になったそうな)
  待賢門院中納言の局。

お墓は民家の裏や畑の中にひっそりとあります。
そしてどれも花や高野槇が供えてあり、
里人によって手厚く供養されているのが分かります。





天野の里の見どころをここで逐一説明するのも大変なので、
詳しくはかつらぎ町観光協会のホームページでどうぞ→
今回、このホームページで紹介されている町石道や史跡ポイントをのんびりと回って、
心身ともにリフレッシュできました。






六本杉 (高野山町石道)
201411089867-111.jpg





古峠 (高野山町石道)
201411089881-11.jpg





二ッ鳥居から眺める天野の里 (高野山町石道)
201411080114-111.png





神田[こうだ]地蔵堂 (高野山町石道)
201411089917-11.jpg
横笛ちゃんはここで滝口入道が来るのを待っていた。





柳沢明神
201411089940-111.jpg
狩場明神の案内で弘法大師空海さんが丹生明神(丹生都比売)と出会ったところ。





横笛ちゃんの墓
201411080064-111.jpg

この写真には写っていませんが、
この左隣にある宝篋印塔はお墓ではなく、高野山の大圓院が建てた供養塔です。
滝口入道・横笛ゆかりの大圓院を訪問した時の記事→





有王丸の墓
201411080030-111.jpg


(アップ)
201411080031-1111.jpg
刻まれた文字がよく分からなかった。




西行堂
201411089953-1111.jpg



201411080053-1.jpg
お堂の下に妻と娘の墓があります。







丹生都比売神社
(丹生神社の総本社、世界遺産)
201411080090-1.png



201411080108-2111.png













      和歌山・紀北「いのりとみのりの旅」キャンペーン→





201411080075-111.jpg






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かぎろひさん、こんばんは!

体調はいかがでしょうか?

おっと、天野の里へまだ行かれてない?!

天野米。
おいしいですねぇ。
丹生都比売神社の前にある物産販売所でも天野米を販売していましたが、
ハイカーには持って帰るのが重くてつらそうなので、断念しました。

とても気持ちの良いハイキングでした。
今では、夢を見ていたのではと思うくらいです。(笑)

伝説がいろいろあって、歴史好きにも興味深いところですね。

ワタクシがおすすめするのもヘンですが、機会があればぜひ散策を。

※ほんと、奇跡的な出会いが続きますね。
 なんだか、「ナラ咲く」の皆さんとお目にかかりたくなりました。

らんさん、こんばんは!

たまたま臨時バスがあることを知って、急に行くことに。
行ってよかったです。

お照さんのお墓。
行ったことがあるのですね。
茂みの奥のほうにあって、本当にあるのかなと少し心配になりました。
でも、ちゃんと新しいお花と高野槇がお供えしてあって、
里人に大切にされているのが分かりました。

丹生都比売神社の社殿が新しくなって、朱色がとても鮮やかです。
今度の15日、16日は本殿正遷宮の儀式があるそうです。

丹生都比売神社HP http://www.niutsuhime.or.jp/

 天野の里

こんにちは!

父の友人から天野米を分けていただいたりして、特別においしいと感じていました。が、実は私にとっては未知の憧れの地。

町石道をたどって高野山まで行ったときも、二ツ鳥居から天野の里を見下ろして、行きたい気持ちが高まったのですが・・・。別の日にひとりで天野をめざそうと思いつつ、まだ実現しておりません。
なむさんに先を越されるとは、くやしい(笑)

写真を拝見していると、ほんとうに行きたくてたまらなくなります。いいとこですねぇ。
高野山麓のご紹介ありがとうございます。

※コメント書き終えたら、らんちゃんのが入っていてビックリ。加筆しています。
なむさんブログで、らんちゃんとバッタリだなんて! 昨日からの奇跡的出会いが続いていますな(笑)

こんにちは~

日帰りですか(^_^;)
てっきり、この行程だと宿坊にでもお泊りかと思っていました。
そんなバスがあるんですね。
高野山、紅葉もそろそろ終わりだとか
行きたかったなぁ~。

お照さんのお墓
探してお参りに伺えた日が懐かしい。
それにしても日帰りだなんて・・・・凄いなぁ。

かぎろひさん、お喜びになられると思いますよ(^-^)

MILK MODEさん、こんばんは!

はい、日帰りです。
天野はアクセスがあまりよくないので、なかなか行く機会に恵まれませんでしたが、
今やっている和歌山・紀北「いのりとみのりの旅」キャンペーンの一環で、
高野山麓世界遺産アクセスバスが期間・曜日限定ですが、
橋本駅から直通運行されているのでラッキーでした。
家を出るときも、帰ったときも、星空でしたけど。(笑)

文章は下手、カメラも10年近く前のボロのコンデジなので、まったくよろしくありませんです。(笑)
まあ、少しでも楽しんでいただければ幸いでございます。

「日本の里100選」
ホームページを見てあちこちの里山を見ると、ほっこりしますね。


癒されますね~

こんばんは!

「日本の里100選」
こういうのがあるんですね。またじっくりHP見させてもらいます。

今更ながら記事を書くのがお上手ですね。
それともお出かけの仕方が上手なのかなあ。
いいなあ~♪写真見てると触発されて行きたくてたまらなくなります。
ちなみに日帰りでしょうか?
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR