地下の正倉院展2014




201411150180-111.jpg



あんがい、平城宮跡資料館好きなのである。


8回目となる『地下の正倉院展』
開催中。
無料!です。(11月30日まで)


今回のテーマは、「木簡を科学する」

平城宮跡から発掘された木簡などの出土品がいつも展示されていますが、
今回は木簡に書かれた内容より、
木簡に使われた木の種類や保存処理法などについて
最新の研究成果が紹介されています。

ざっくりまとめると、

  (1)掘らずに土の中を調べる地中レーダー探査
  (2)板目材と柾目材とで異なる木簡保存処理
  (3)年々進歩している木簡保存処理技術
  (4)木簡に使われた木の種類の判別
  (5)3Dプリンターによる木簡のレプリカ作製
  (6)非破壊年輪年代調査法の応用
  (7)削り屑の最新の保存方法(保存容器や保護フィルムを直接触れることができる)

といったところでしょうか。





気になった展示をいくつかご紹介。
(ストロボを使わなければ館内は撮影OKです)


「年魚鮨」(アユずし)
201411150181-111.jpg

現代でも鮎を年魚とも書きますね。
ほかの木簡には「貽貝鮓」(いがいのすし)というのがあって、
むかしも「すし」の字が鮨や鮓と、複数あるのが面白い。
アユずし。。。どんな味だったのでしょう。




木簡のほとんどは、ヒノキか、スギ。
まれに広葉樹のものがある。
201411150185-111.jpg


そして、広葉樹より珍しいマツ。
201411150183-111.jpg

これまでヒノキ科のサワラはヒノキとの違いが判りませんでしたが、
最近は特殊な顕微鏡を使うことによって識別ができるようになったそうです。



3Dプリンターによるレプリカも、今後増える可能性があるようです。

長屋王邸の奴婢・縄万呂さんの個人識別IDカード(左がレプリカ)
201411150189-111.jpg

右端の3つの点は画指[かくし]というもので、
縄万呂さんの指の関節の位置を示しています。
指をあてがって、節が画指にぴったり合えば本人と証明されたようです。



「若狭國遠敷郡・・・」と書かれた木簡もあり。
二月堂修二会クラスタ所属は大コーフンでございます。
ちなみに、遠敷郡から運ばれた荷物のほとんどは塩だそうです。(水や鵜ではない)







タッチパネルのディスプレイ・モニターを発見!
高松塚古墳やキトラ古墳などから
好きな写真を選んでモニターに表示できます。

キトラ古墳の朱雀の写真を選んで、
両手でモニターを左右に払って
画面いっぱいに拡大してみたの図。

    201411150205-111.jpg





常設展示は大きな変更なし。

奈良国立博物館で正倉院展を見なくても、
聖武天皇が使ったというベッド、鳥毛立女屏風、ガラス製品などが見られます。
もちろんレプリカですが、見覚えのあるお宝を探すのも楽しい。


201411150160-111.jpg


201411150162-111.jpg


201411150164-111.jpg


201411150167-111.jpg


201411150169-111.jpg








平城宮跡資料館の記事の締めくくりは、やはりこれですね。
(毎度スミマセン)

201411150177-111.jpg


木の棒は、籌木[ちゅうぎ]と言います。
字がつぶれて見えないと思いますので、拡大します。


籌 木






    201411150158-111.jpg





<余談>

奈良文化財研究所は埋蔵文化財の研究だけをやっている訳ではありません。
以前、ABC(朝日放送)で放送された『探偵!ナイトスクープ』で、大活躍してます。

  『探偵!ナイトスクープ』から「レイテ島からの葉書」編→ (YouTube、約15分)



    すごいぞ、奈文研!
    がんばれ、奈文研!




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

emirinさん、こんばんは!

「~の葉書」編を見て、平城宮跡資料館の入館料を有料(ただし低料金)にしてもいいんじゃないかと思いましたよ。
ずいぶん立派な資料もいただけますし。

あはは。
大和川を下って通勤の編。
見ました。見ました。
確かに面白かったですね。

ずっと見てます!

今晩は、有りましたね!

感動もんでしたよ、もう一度再放送もされたと思いますが・・・
奈文研もすごい、流石です!
みんないい人ばかり・・

でも、奈良と言えば・・
なったって大和川を下って大阪まで出勤が面白かった!

みのさん、こんばんは!

セキララにされたご先祖様、どんな人だったのでしょうか。
タイムマシンがあったら、行って見たいですね。

未来の人の目に触れる可能性、大いにあるでしょうね。
1000年前の人も、1000年後の人も、今の人と実はあまり変わらないのでは、と思います。
でも今の時代はいろいろなものに記憶されますから、
おバカなことはなるべく消去しておきたいところ。
でも、そのおバカなところが面白いですよね。


かぎろひさん、こんばんは!

「探偵!ナイトスクープ」はたまにしか観ないのですけど、
「レイテ島からの葉書」編は過去の名作特集の特番でたまたま観ました。
おバカな編だけでなく、こういう話もあるから、人気の番組なのでしょうね。

そうそう、以前、ヒルに血を吸われたことがない女性が
一度経験したいという相談が番組にあって、
奈良の春日山原始林に連れていかれたというのがありました。(笑)

いろいろおもうこと

こんにちは〜
わたくしも、なかなか好きで、なかなかよくかよっております。
千二、三百年の前の方達、まさかこのようなかたちで、大切に保存され展示され、恥部も含め、様々な遺物が未来の人の目にさらされようとは、、思うはずもなく。
、、、、と、言う事は、まさかわたしたちの痕跡も先の未来人の目に触れる可能性大と言う浮こと、ですよね。。。。。あらら。

感動

こんにちは!

昔はよく「探偵!ナイトスクープ」を観ていたのですが、最近はすっかり遠ざかっています。

こんな放映もあったんですね!
ちょこっとお訪ねしただけなのに、15分も長居してしまったわい(笑)
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR