大神神社の広告





201502149928-1111.jpg



ふだん、駅で何気なく見かけるこの広告。
この神社の本質が簡潔に描かれていて、とてもいい、と思う。
よく見ると、原生林をイメージさせるためか、山のスカイラインがギザギザしています。



JR東海の「うましうるわし奈良」キャンペーン“大神神社篇”のポスターも
もちろん素晴らしいです。


大神神社にて

201501250065-1111.jpg




201501250066-11111.jpg



  JR東海「うましうるわし奈良」キャンペーン (キャッチコピーは、「いま、ふたたびの奈良へ。」)
  “大神神社篇”

  ワタクシの関連記事→






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はい、ありがとうございます。正面ですね。
ありがとうございます。

みやりんママさん、こんばんは!(再)

東と南と北の局は、修二会のとき以外は閉まっています。
明るいうちに二月堂へ行って、それぞれの局の出入り口を確認しておいたほうがいいかも知れませんね。
(舞台がある側の局が西の局(正面の局)になります。)

No title

早速のご回答ありがとうございます。
何回か訪れているのに、いつも舞台からの景色にみとられ局の存在は全くきづきませんでした。堂内覗いてもいつも真っ暗でしたし。( ; ; )
ふとNHKで二月堂のお水取りが放映されたの思い出しYouTubeで検索して見ました。私が記憶に残ってたのは五体投地でした。なむさいじょうさんのブログも、ああそうだそうだと読ませていただき、点と線が繋がったような気がします。
ありがとうございました。(^O^☆♪

みやりんママさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

はい、誰でも局から聴くことができます(3月12日を除く)。
礼堂は局とは別で、一般者は入れません。

松明の後は、<初夜>というお勤めがあり、局で声明を聞くことができます。
ほぼ毎年練行衆として参籠される東大寺のお坊様(今年は留守居役)が
そのあたりのことをtwitterで呟いておられるので、ご参考まで。
(修二会についての連続投稿のひとつ)
https://twitter.com/kojomrmt/status/569844174758891520

あ、昼過ぎにも<日中>というお勤めがあって、局で声明を聞くことができますよ。

それと、今発売中の月刊「大和路 ならら」2月号には、
二月堂修二会の主な行事の時刻表や解説があるので、
事前にチェックされてはいかがでしょう。
http://www.narara.co.jp/

不十分とは思いますが、取り急ぎご回答まで。

突然すいません。

修二会は、誰でも局から拝聴する事が出来ますか?礼堂と局は別なのでしょうか?
ブログを読まさせて頂きましたが、松明の後に声明を聞く事ができるのですか?今年行けたら行きたいと思ってます。いろいろ質問しましたが、回答いただければ幸いです。よろしくお願い致します。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR