修二会聴聞記(平成27年)



今年2015年もありがたいことに、二月堂修二会を聴聞できました。

この日(3月4日)の<初夜の勤行>の時導師は、一昨年の新入だったH.S師。
合唱部に在籍経験があるとのことで、いいお声です。
元気もあってよろしい。
これからますます楽しみです。


神名帳の読み上げ。
ワタクシのいる場所からは確認できませんでしたが、読役はN.J師(のように聞こえた)。
先日の記事で紹介した神様を、耳を澄ませてしっかりと確認しました。
ただ、最後の葛下郡御霊[かッげくんのごりょう](=大津皇子)を読み上げているときに
どこからかビニール袋のガサガサ音が!
あれって、静寂の中、とても耳障りで迷惑です。

余談:
  二月堂内では厳粛な法会が行われていますので、局はもちろん、堂内は静粛厳守です。
  飲食・撮影・私語は厳禁。携帯端末(携帯電話やスマホ等)の電源オフ厳守。
  局の出入り口扉にも、その旨の注意書きが吊るされています。
  局にあっても仏前。仏前での脱帽もマナー以前のこと(神前も然り)。
  が、そういう当たり前のルールが守れない人が必ずいますね。
  それに、ひそひそと話ししても、私語は私語。とても耳障りですよ。
  困ったものです。

イライラが募りますので、閑話休題、本題に戻ります。




“用事や、なされ候”
自身の都合もあって、神名帳の読み上げのあと、内手水の合図をしおに退堂しました。
My ちょーず、ちょーずぅ!




この日、昼間は春のような陽気でしたが、日が暮れた途端、急に冷え込み、堂内はかなり寒かったです。
深夜まで聴聞する人は、万全の寒さ対策を!







<余談2>


 ●二月堂の北の茶屋には、おたいまつの杉葉の燃えさしを入れた箱が
  今年も置かれていました。
  お守り代わりにする人のために自由に持ち帰れるよう、
  このようなサービスが昨年2014年から始まりました。
  部屋に置くと、しばらくの間、焦げくさいです。


 ●糊こぼし椿がない!
  昨年2014年のこの時期に、開山堂の糊こぼし椿が
  鉢に入れられて四月堂脇に置かれていました。
  今年は開花が遅いようです。





平成27年「お水取り展」モニュメント@奈良国立博物館
20150304_0011-1111.jpg
毎年、モニュメントの展示内容が少しずつ変化しているので、見るのが楽しみ。
どなたが作っているのか存じませんが、なんだか楽しそうです。






20150304_0112-1111.jpg








関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR