横笛を訪ねて(4)~時頼の仕事場



「横笛を訪ねて」シリーズ の番外編です。




平安時代末期、横笛ちゃんに恋した斎藤時頼は、宮中の警護をしていました。

宮中の庭などを流れる溝の水を、御溝水[みかわみず]といいます。
清涼殿の北東付近に御溝水の落ち口があり、滝口と呼ばれていました。

滝口あたりを詰め所にしていた警護の武士が、滝口の武者。
滝口の武者だった斎藤時頼が、出家後、滝口入道と呼ばれたのはこのためです。
平将門も滝口の武者でした。





京都御所一般公開で、滝口と御溝水を確認しました。

滝口(立て札が目印)と御溝水
201504041261-1111.jpg


201504041259-1111.jpg






滝口の南側にある清涼殿
201504041258-11111.jpg






京都御所マップ(矢印のあたりが滝口)
gosho111.png






関連記事

tag : 横笛 斎藤時頼

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR