高野山・熊谷寺




【熊谷寺】 (くまがいじ)

201505252360-111.jpg

寺伝では、一ノ谷の戦いで平敦盛を討った熊谷直実が、
法然上人(圓光大師、源空)の弟子となって出家し、
名を蓮生と改めて、熊谷寺で平敦盛らの供養を行ったといいます。
熊谷寺は、源実朝が命名したとのこと。

表門をくぐって正面玄関に立つと、不動明王と八大童子のお出迎えがあります。

201505252361-0111.jpg



偶然、秘仏の御本尊・阿弥陀如来さん公開中の案内を見付け、お参りすることができました。

201505252350-0111.jpg



本堂
201505252347-011.jpg


境内には、法然上人・姿見之井戸があります。
201505252346-0111.jpg


この井戸の水に姿を映して自ら彫ったという像が、表門の横にある圓光堂に安置されています。

201505252358-0111.jpg
自撮りですな。



圓光堂には、熊谷頭痛除けの兜[かぶと]というものがありました。

201505252352-0111.jpg
なにも説明がないので、どう対応していいのか不明。






教えて、直実さーーん





呼んだ?

201308148082-1111.jpg

いま忙しい!
チョッキンしなければならぬのじゃ!

(@須磨寺)




敦盛草 (本物。@礼文島)
2009080949-1111.jpg

絶滅危惧植物。
法律で採取が禁じられているので、チョッキン厳禁。






<余談>

  熊谷寺圓光堂の横に、円通律寺へ通じる道があります。

    201505252406-0111.jpg

  参拝のためその道を行きかけたら、圓光堂の前を掃除していたお坊さんに、
   「円通律寺には、一般の人は入れませんよ」
  と呼び止められました。
  いや、今日は花祭りで一般の人が参拝できると聞いていますよと、お返事したところ、
   「???・・・・・!!!!  今日は花祭りでしたか。
     いやー、地元のモンが忘れていたら、あきませんなぁ」
  と恐縮されていました。

  その後、円通律寺へ行って参拝していたら、
   「さきほどは、どうも!」
  と声をかけられました。
  一瞬だれかと思いましたが、さきほど掃除していたお坊さん。
  慌てて参拝に来られた様子でした。
  1年に1度参拝できる貴重な機会ですから、よかったです。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

かぎろひさん、こんばんは!

コメントありがとうございます。

拙い記事でこちらこそお恥ずかしい限りです。
もうしばらく(しつこく)、高野山シリーズを続ける予定です。


おお、伊吹山!
いいですねえ。
好々爺っぽい日本武尊は、大和方面を見ていましたか?
ご報告、楽しみにしています。
ワタクシ、下山の際、膝が笑ってしまって苦労しました。
足が三重になったような感じでした。(笑)

楽しく拝見しています

こんばんは!

高野山麓出身とはいえ、高野山のお寺のことはほとんど知らず、お恥ずかしい限り。と、なむさんブログを拝読して思いました。

丹念にあちこちお参りされていて、へえぇと驚くことばかり。事前調査をしっかりされていることが感じられて、さすがの感。見習わねば^^;

圓光堂のお坊さんの、付録話も楽し過ぎ。こんな漫画みたいな楽しい話は自分流に歩かれているからこそのご褒美ですね。

あっ、昨日は念願の伊吹山に登りました! 余韻に浸っています。
検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR