在原業平ゆかりの地を行く(21)



23.千手寺 (東大阪市)

 近鉄奈良線・石切駅で下車して、石切劔箭神社(石切神社)へ向かう途中にある千手寺。
 うっかりしていると、通り過ぎてしまいます。


201601172157-0111.jpg








201601172150-0111.jpg








201601172149-0111.jpg



     約1300年前、笠置山の千手窟で修行していた役行者が
     神光に導かれて当地に至り、堂宇を建立。
     平安時代の初め、弘法大師空海が千手観音を彫り、本尊とした。
     その後、兵火で堂宇を焼失したが、在原業平が中興した。

 というのが寺伝。

 現在の本尊は高さ190cmの木造千手観音菩薩立像。
 胎内に墨書があって、正平十二年/延文二年(1357年)に
 慶派の流れをくむ南都仏師により造立されたことが判明しています。




伝在原業平廟塔

201601172152-0111.jpg








201601172155-0111.jpg
あちこちに墓や供養塔がありますね。





 在原業平と菅原道真を祭神とする社が境内にあります。

201601172156-0111.jpg





「在原業平公腰掛石」
201601172539-0111.jpg





千手寺









<余談>

 石切劔箭神社(石切神社)

201601172165-0111.jpg


 [いしきりつるぎや] と読みます。
 社殿前のお百度石のまわりを驚くほど多くの人がぐるぐる回っています。
 病気平癒を祈る家族の方でしょうか。


 神社前から近鉄石切駅方面に向かう道は、石切参道商店街。
 占い屋や不思議な店がたくさんあって、アナザーワールドでございます。

201601172168-0111.jpg








201601172161-0111b.jpg









201601172163-0111.jpg








201601172162-0111.jpg







201601172160-0111b.jpg






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR