淳仁天皇陵



天武天皇の孫で、舎人 [とねり] 親王の子・大炊王 [おおいおう] (733-765)は、
聖武天皇の娘・孝謙天皇から譲位を受けて践祚しました。
淳仁天皇(在位:758-764)です。
ところが、藤原仲麻呂(恵美押勝)を後見人とする淳仁天皇と孝謙上皇は対立するようになり、
恵美押勝の乱(764)で仲麻呂が敗れると、上皇から廃位を宣告されて淡路国に流されました。
明治時代になるまで天皇と認められず、淡路廃帝と呼ばれていました。



淳仁天皇陵

201604304830-0111.jpg








201604304837-0111.jpg








201604304832-0111.jpg








201604304833-0111.jpg








201604304831-0111.jpg

無念さが伝わってくるような気配です。








淳仁天皇陵



  ※ 淳仁天皇陵から南へ1kmほど行くと、母親の当麻山背の墓所があります。







<余談1>

地名に萌え~ (@兵庫県南あわじ市神代国衙)
201604304828-1111.jpg






<余談2>

淡路島の生しらす
201604304803-0111.jpg
旨っ!






<余談3>

 淳仁天皇の現存する唯一の宸筆「宜」。

201604304995-1111.jpg






 孝謙天皇の現存する唯一の宸筆「宜」。

201604304994-1111.jpg
(いずれも図録から拝借)






<余談4>

 東大寺二月堂修二会(お水取り)本行中、毎晩読み上げられる「神名帳」。
 その最後に読み上げられる御霊の段で登場する西寺御霊 [さいじノごりょー] は淳仁天皇、
 先生御霊 [せんじょうノごりょー] は藤原仲麻呂のことだそうです。





<余談5>

 平城京天平祭の天平行列では、淳仁天皇も参列します。
 しかも、孝謙天皇と称徳天皇にはさまれていますよ。
 乱闘騒ぎにならないかと、余計な心配。





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR