平重衡を追う(41)~ 法界寺



法界寺は二度目の参拝です。

今回の特別公開では、薬師堂の秘仏・薬師如来さんが51年ぶりの公開。
安産や授乳にご利益があるとして、日野薬師とか乳薬師などと呼ばれて、
特に妊産婦から信仰を集めているそうです。
お堂の入口にある格子戸には、安産祈願やおっぱいが出ますようになどと
願い事が書かれたよだれ掛けが所狭しと、くくりつけられています。


201605024967-0111.jpg








201605024970-0111.jpg








薬師堂
201605024951-0111.jpg








前回参拝時の薬師堂
201308178393-0111.jpg



この薬師堂、当初の建物は焼失していて、
明治37年(1904)に、奈良県の竜田にあったという伝燈寺の本堂(今回の特別公開用の
『拝観の手引き』には「灌頂堂」とある)を移築したもの。
室町時代の建物。

堂内は撮影禁止なので、門前の看板にある薬師如来立像を撮影。

201605024971-2111.jpg


厨子の正面から拝見できない構造のため、参拝者は横からの参拝。
優美なお姿のお薬師さんです。
截金文様も見事でした。

 ※朝日新聞の記事 →



阿弥陀堂
201605024953-0111.jpg
なんだかコラージュっぽいですが、実写です。







201605024956-0111.jpg




平重衡が文治元年(1185) 6月23日に木津川の河原で処刑されたあと、
追善法要が行われたのは、この法界寺でした。(『平家物語』)
同年3月に壇ノ浦の戦いで平家が滅亡した後で、しかも
重衡によって破壊された東大寺大仏が修復中で、開眼供養会を8月に控えている状況の中で、
「凶賊平家」(談:源頼朝)の大物の法要を行うことができたのは、
醍醐寺の僧で東大寺勧進職の俊乗房重源さんや
重源さんと親しい実力者の尽力があったからではないか、と妄想。




「乳薬師 日野法界寺」の道標 (@奈良街道と日野道の交差点)
201605024973-1111.jpg
法界寺の東側には、親鸞聖人の生誕地がある(日野誕生院)。








201605024874-2111.png




※ 法界寺近くの恵福寺 [えいふくじ] も特別公開していましたので、参拝。
  こちらにも安産にご利益があるという「腹帯地蔵」さんがおわします。
  今回、思いがけず安産祈願系寺院を3寺も続けて参拝したワタクシに
  はたしてどんなご利益があるのでしょうか?



 日野散策はまだ続く。。。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR