講演「春日信仰と明恵上人」




平生記念セミナーハウス (神戸市東灘区)

201606120861-0111.jpg








201606120864-0111.jpg








201606120865-0111.jpg




神戸市東灘区にある甲南大学平生記念セミナーハウスで、2016年6月12日(日)、
「春日信仰と明恵上人」 と題する講演がありました。

この講演は、春日大社第六十次式年造替記念として、セミナーハウス近くの香雪美術館で開催中の
「神々の姿 神と仏が織りなす美」展の関連イベントでした。
会場は約250名の来場者でほぼ満席でした。

   ※ 講演会チラシ(pdf) →


講師は、西山厚先生 (帝塚山大学文学部文化創造学科教授)!!

時間枠が2時間もあるので、時間が余るのではないかと思いましたが、
講演の前に、なんと春日大社の宮司・花山院弘匡さんが登壇し、15分ほどご挨拶がありました。
聞いてなかったよ、びっくり。
藤原氏の末裔であることは存じておりましたが、
ご本人から 「47代前のご先祖様は藤原鎌足です」 との言葉があって、会場内がどよめいていました。
お話は当然ながら式年造替についての説明が中心で、
神様が本殿から御仮殿にお引越しされるとき(2015年3月)の貴重な映像も上映されました。



さて、西山先生の講演ですが、明恵上人の生涯や生き様については、
以前に聴講した別の講演 「四座講式と明恵上人」 とほぼ同じ内容でした。(弊記事→
もちろん今回の講演では、春日信仰についての説明に重点が置かれていました。

そうそう、明恵上人が木に座って瞑想している国宝の絵の、まさにその場所が今でも本当に残っていて、
そこの写真が紹介されたときは、ずっと守り継がれてきたのかと感動しました。

気が付くと、西山先生、やはり2時間ほどお話されて、終わったのが午後4時近くでした。

いつもながらの楽しく為になるお話でした。
ありがとうございました。



  香雪美術館 →
    明恵上人の 『夢記』 を香雪美術館も所蔵していることは、今回初めて知ってびっくりでした。
    今回の 「神々の姿~」 展には 『夢記』 はもちろん、奈良国立博物館や春日大社からのお宝も展示あり。
    もう少し展示スペースが広いといいのですけど。。。


  奈良・春日大社 →
    ご造替に関連して様々な特別行事が予定されていますので、どんどんお参りに行きましょう。
    (個人的には、高野山の声明、奈良豆比古神社 「翁舞」 の奉納に興味津々)





香雪美術館 (神戸市東灘区)

201606120838-0111.jpg








201606120842a-0111.jpg








201606120844a-0111.jpg






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

なむさいじょう

Author:なむさいじょう



阪神エリア在住のおっさん。
時間を見つけては奈良めぐり。

※2013年までの過去記事は本サイトへインポート後、一部を除いてリンクの更新等を行なっておりませんので見苦しい部分があります。ご了承ください。
※過去記事へのコメントも歓迎。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
QRコード
QR